子育てする前に

「あーしろ」「こーしろ」「なにがいい」って、もう、みんな うるせーッ!

<期間限定投稿>

中村哲先生(ペシャワール会)をしのぶ会に参加して、ちょっと高揚しています。先生は長い時間をかけて、祖国から遠く離れた場所で、その土地の庶民の平和を阻むものと長年闘い続けたのに、最期は凶弾に…。歴史に残る偉人だと思います。
先生は繰り返しおっしゃっていたそうです。

生まれた国で普通に暮らす。それが幸せ

中村先生の偉業を前に、「私は安全な日本で、読む方の数も多くないのに、誰も傷つけることのないよう、配慮して投稿をしていたな。もっと闘わなくては。」「この国の大人たちは、シンプルな幸せが当たり前すぎて、なんかいろいろ乗っけすぎて、贅沢なこと言ってたよな。」そういう気持ちで書いているので、今回はちょっと攻撃的です。でも、基本ポリシーとしては、それぞれの人がそれぞれの考えで生きていることを、私の狭い料簡だけで批判するのは間違いだと思っているので、高揚が醒めたら、そーっとこの投稿を消してしまうと思います。

本当は、どうしたらどうなるか、なんてだれも知らない

そもそも、オトナたちが、自分たちの力で教育をどうにかできるって、その前提から始まっているから、うじゃうじゃ大量にいろんなものが出回っている。
提供している方も、それを享受している方も同じ。

教育論とかも、私を含めて、結局は「こう考えてる自分スゴイでしょ」っていう自己顕示欲が見え隠れする。

いらない。
もうぜんぶいらない。

「教育においては、たった一つの解決策があるばかりだ。それは、私たち大人には、教育がなんであるかがわかっていないと正直に認めること、つまり私たちには、子どもがどのような方向に進むのかわかっていないのだから、なにが子どもにとって最善なのかわかっていない、と告白することである」A.S.二イル(堀真一郎訳)

これは100年前に書かれた言葉。
なのにいまだに「あーしろ」「こーしろ」「なにがいい」って、もう、みんな うるせーッ!

いろいろあるから、「あーこれもやらなくちゃ」「それをさせてやれない」「これを選ばなかった」「うちの子に合っているのはどれ」って、親が悩む羽目になる。

早期教育でもなんでも、いろんなサイトに、ものすごい美辞麗句がよく並んでいるけど。
結局カネがなくちゃアクセスできないものがほとんど。
だけどさ、その教育がとても素晴らしくて、遍く広めたいと言うなら、カネなんかとるなよ!
その教育を広めたいなら、自分は手弁当で、世の中には、「子どもの未来を真剣に考えている」と表明している大人がうじゃうじゃいるんだから、その人たちからファンドレージングして経費を賄えばいいじゃない。
親の心理につけこんで、金もうけするのはやめてくれ。

私は、持っているお金の多寡で受けられるかどうか決まる教育とは、ぜったい、別のところで生きていく。

人間はみんな同じじゃない

だからといって、最終的に東大とか出て出世した人たちが、「私が子どもの頃は、野山を駆け回って遊んでばかりいた」って言うのもむかつく。

あなたたちには、持って生まれたIQ の高さがある。モチベーションの高さだって遺伝の影響があると私は思う。
ギフテッドとして生まれて、すくすく育って、成功した経験を、凡人にあてはめないでほしい。

私は小学校教員として、できない子には、その学年で学ぶべき、最低限の読み書きそろばんスキルは身につけさせたい。
それをしないと、いま、現実に、次の学年で、子どもはできないことの劣等感と直面して、自己肯定感をそいでしまう。
(できなくても平気でいられるツワモノなら、ほっといていい。そんな子だから、そもそも成功できるのだ。)

飛び級できればいいとか、年齢で学年を区切らず、外国のように自分で学ぶ学年を選択できるようにするべきとか、そんなの、現実になるまえに、私の目の前の子どもは、次の学年に進む。

AI時代がどーのとか、求められる人材が変わるとか、いろいろ言ってっけど、それが凡人の隅々まで行きわたるには、たぶんまだ時間がかかる。

できる子はいい。どうなったってどこかでリカバーできる。
最低限、力の弱い子が、損をしないようにはしておいてやりたい。

だけど、最低限を超えて、子どものIQを無視して、学校的価値観における高みを望む風潮は、反吐が出るほどいやだ。

人生は毎日の暮らしの連続だから

学校や世間の価値観の高みを目指すと、美しい都会のビルの中で、言葉やコンピュータにまみれて生活することになる。中には飛行機で世界を飛び回る人もいる。そしてバカンスで自然に触れてたりもして。

昭和生まれの私はそれが良いこと、成功、羨ましいことだとずっと思ってきた。

でも気づいたんだ。

人生って、本当は、毎日の積み重ねでしかない。

テレビで見た海女さんたちは、毎日仲間とともに海に潜り、その恵みで人を幸せにし、自分達も幸せに暮らしていた。

どっちの人生を選ぶって言われたら、私は迷わず毎日海で漁をする方を選ぶ。

だが、気づいたのが遅すぎた。もう若くない。私は、すでに学校的価値観の方向性の中で長い間生きてきてしまった。
子どもだった私は、学校に適応できる能力があったせいで、言葉を使わない職業という選択肢が見えない、狭い視野しか持てなかった。あのころのオトナはみんな、優等生だった私を褒めていたから、私は、自分の視野の狭さに気づけなかったのだ。
あーあ、毎日海に潜る人生だったらよかったのにな。

せめて、教員になれてよかった。
「子ども」は、都会に残る最後の自然。

子どもに任せよう

なにがいいかなんてわからない。
なにに出会うかも演出しきれるもんじゃない。

もう、子どもに余計なことなにもしなくていい。

最低限の親がすべきことは「余計なこと」ではありません。念のため。

子どもにまかせればうまくいく。
うまくいかなくても子どもの責任。

そもそも、うまくいくばかりの人生じゃつまらない。

どうなるかわからなくても、
子どもの行く末を子どもに任せよう。
せめてオトナの浅知恵をふりまわすのはやめよう。

子どもには、学校だけでいい。
”子どもに教えたい”オトナの抑えきれない欲求を満たす場所は、ここだけでいい。
あとは自由にしてあげよう。
子どもを放免してあげよう。

子どもになにかアクションしたい人は、みんな学校へおいで。
ここで一緒にやろう。
ただしカネは払えないですよー。
または教員になってねー。

一見矛盾するこの一連の主張を、どれだけわかってもらえるのだろうか?!